新川広域圏のしごと
あいさつ あゆみ 場所 組織 事業内容 概況 財務
昭和45年 7月21日 新川地区広域市町村圏設定告示

10月3日 新川地区広域市町村圏協議会設置
昭和46年 2月28日 新川地区広域市町村圏振興整備計画策定
(基本構想 昭和60年、基本計画 昭和50年)

4月1日 新川広域圏事務組合設置

8月1日 富山県東部衛生処理組合(し尿処理)及び黒部厚生病院市町組合(伝染病隔離病舎)を解散し、新川広域圏事務組合に統合
新川地区広域市町村圏協議会解散

8月12日 消防センター建設事業着工、
昭和47年3月30日竣工

9月23日 域上水道建設調査事業に着手、
昭和47年2月29日完了

10月16日 伝染病隔離病舎建設事業着工、
昭和47年5月31日竣工、
昭和47年6月10日開院(病床数35床)

12月8日 西部じん芥焼却場建設事業着工、
昭和48年2月28日竣工、
同日操業(90t/8h)
昭和47年 11月16日 東部じん芥焼却場建設事業着工、
昭和48年12月15日竣工、
同日操業(50t/8h)
昭和48年 8月29日 勤労青少年ホーム建設事業着工、
昭和49年3月30日竣工、
昭和49年5月20日開館

10月6日 老人保養センター建設事業着工、
昭和49年9月25日竣工、
昭和49年10月1日開館(宿泊定員80人、休憩定員160人)
昭和56年 8月1日 休日夜間急患医療センター建設事業着工、
昭和56年12月25日竣工、
昭和57年3月21日開院
昭和57年 3月21日 病院群輪番制(公的病院による)による第2次救急医療実施

9月6日 西部火葬場建設事業着工、
昭和59年1月31日竣工、
昭和59年4月1日業務開始(火葬炉5基、汚物炉1基)
昭和58年 8月1日 病院群輪番制による第2次救急医療毎夜間実施

12月26日 地域経済活性化計画推進地域として選定を受ける。
昭和60年 3月31日 新川地区広域市町村圏第2期基本計画策定
(目標年次 昭和64年)
昭和61年 6月16日 伝染病隔離病舎14床に変更
昭和63年 8月1日 粗大ごみ処理施設建設事業着工、
平成2年3月10日竣工、
平成2年4月1日操業(40t/5h)

11月18日 新地域経済活性化計画推進地域として選定を受ける。
平成2年 3月31日 新川地区新広域市町村圏計画策定
(基本構想 平成11年、基本計画 平成6年)
平成7年 3月16日 新川地方拠点都市地域指定を受ける。

4月1日 ごみ袋の指定袋制及び資源回収実施

10月16日 テレトピア構想のモデル都市に指定を受ける。

10月23日 新清掃センター建設事業着工、
処理能力(174t/16h)
平成9年 7月30日 新地域経済基盤強化対策推進地域として選定を受ける。
平成9年度〜平成11年度

12月 テレトピア計画実施計画策定
平成11年 2月1日 テレトピア計画行政情報提供システム稼動
平成12年 4月1日 新清掃センター「エコぽ〜と」稼動

新川一般廃棄物最終処分場稼動

6月29日 新地域経済基盤強化対策推進地域として選定を受ける。
平成12年度〜平成14年度
平成13年
3月31日 新川地区広域市町村圏計画策定
(基本構想 平成22年、基本計画 平成17年)

4月 水博物館構想推進室設置
平成15年
4月17日 ケーブルテレビ放送センター開局

11月7日 地域活性化対策推進地域に選定
平成16年
 
8月2日 宮沢清掃センター一般廃棄物最終処理場整備工事着工、平成17年3月29日竣工(埋立容量49,000m3 の増設)
平成17年
3月 一般廃棄物処理基本計画「新川エコプラン」策定
(目標年度 平成30年度)
平成18年
3月31日 市町合併に伴い、構成市町が2市2町(魚津市、黒部市、入善町、朝日町)となる。
6月9日 新川地方拠点都市地域基本計画変更承認
  8月 特定地域経済活性化推進地域に選定
平成19年
 
3月 新川地区広域市町村圏計画後期計画策定(基本計画 平成22年)
平成20年
5月27日 新し尿処理施設建設工事着工
平成21年
9月25日 地域力創造推進地域に選定
平成22年
3月 ケーブルテレビコミュニティ番組デジタル化
4月1日 新し尿処理施設「クリーンぽ〜と」稼働
平成23年 9月27日 宮沢清掃センター新最終処分場建設工事着工
平成24年 9月26日 地域力創造推進地域に選定
平成25年 5月1日 宮沢清掃センター新最終処分場稼働

−問い合わせ先−
新川広域圏事務組合 総務課
〒937-0066  魚津市北鬼江313番2 魚津市役所第1分庁舎
TEL:0765-23-1024/FAX:0765-24-2953
Copyright.2010 LOCAL AUTHORITIES GREATER NIIKAWA